スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコーバレー

ここちよいカオス-110220_1021~01.JPG
ここちよいカオス-110220_0958~01.JPG
ここちよいカオス-110220_1020~01.JPG

遊んでる場合では無いのですが
趣味も、たまには行動せねば趣味とは言えなくなるので
行って来ました、長野県の白樺湖よりもう少し奥。
うちの二人は、エコーバレースキー場は初体験。
ワタクシはもっぱら初級者コース愛好家。
コツコツとシュプールを描いているあいだに、
雪国育ちの旦那様はピュンと追い抜いて行くのでした。
ここのコースは、初級・中級・上級ともコブが無くて有り難い。
昔、ファンスキーを履いていた時分は、コブが楽しくて
わざわざコブのコースに行ったりしたけれど、
カービングにしてからは、どうも疲れていけません。

「腿がぁ・・・、ももがぁ~あせる

と泣きが入ったら挫折のサイン。

以来、我が家では「疲れた」のかわりに
「ももがぁになった?」
「まだ」
「オレは、少し、ひざがぁだな」

などと使うようになっております。

しかし、年々自分が下手くそになっていくのがわかるのが悲しい。
頻繁に行けないのと、怪我を恐れるようになってスピードが
怖く感じるために、どんどんへっぴり腰になっているのです。
などと書くと、以前はよっぽど上手かったみたいですが、

そんなわけ無いことは想像がつくでしょう。


もともと少なめの運動神経が、歳とともに減少著しく
せめて、枯れ木も山の賑わいくらいにでもなればと奮闘するものの、
またたく間に悲鳴をあげる両足を恨めしく呪うばかりで
ちっとも上達しないどころか、カービングに適応すらできないでいるのだ。
足りないのはもはや運動神経だけでなく
学習能力まで?

お前もか!
裏切り者!

というわけで、大渋滞の関越道につくづくうんざりした我が家のスキーは

今後、快適な中央道へと移行しつつあるのです。

スポンサーサイト

この筋肉痛は・・・?

ガーラ湯沢へ、日帰りスキーに行ってきました。

今年初で、一年ぶり。

マイ・スキー板は去年のシーズン終了時のまま、

エッジのサビも落とさず、エッジも丸いまま、ワックスもかけてない。

そんな体たらくと運動不足とが合わさって、変な力がかかったのだろう。

翌日、右肩が痛くて、ひじが後ろに回せなくなった。

これって、筋肉痛?


両足も、かなり疲れていたのに、まったくお咎めなし。

なぜ右肩、それも厳密に言えば右肩の裏、つまり背中側だけが

なぜこんなにも痛いのだ?


こんな妙なトコロが。

本当にこれは筋肉痛なのか?

謎は深まるばかりである。


それにしても不便だ。

くそーー

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。