スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫ねこネコ


ここちよいカオス

5月某日、吉祥寺の、とあるいかがわし気な雑居ビルの中に

「それ」はあった。

平素から雑誌や電車の中吊りなどで広告を見るたびに、胸は高鳴り、

ときめいていた。


ああ・・・一度でいいから行ってみたい・・・と、ずっとずっと長いこと憧れ続けていたのだ。


「それ」とは、猫カフェである。

ふはは。


猫たちに囲まれてお茶を飲めるのだ。一体誰がこんな素晴らしいことを考え出したんだろう?


はやる心を抑え、いざ潜入。

「こんなことでもなければ、絶対こんないかがわしいビルに入るなんて事ないよね~」

と、同じ猫好き同志の妹が言った。


が、ジャズクラブは、たいがいこんな感じのビルに入っていることが多く、

「そうだね」

と相槌を打ちつつ、たいして違和感を感じず脱力する。



エレベーターを降りたら、受付カウンターとロッカールームになっていた。

ん?カフェじゃないのか?


メイド風の女の子に、店内規則を教わる。

料金は1時間900円。延長した場合は、お得なパック料金が適用されるとのこと。


それから、入室の前に手を洗うように言われた。

外から病気を持ち込むな、というわけだ。

消毒液までおいてある。お客もバイ菌扱いである。


さて、両手を洗い荷物をロッカーに入れて、おそるおそるドアを開けると・・・



ここちよいカオス

ね、寝ちゃってるし・・・

んでも、片足が落っこちてて、か~ぁい~ドキドキ



ここちよいカオス

なぜかあせるこんな狭いところに入りたがるんだよね~猫って。

この子はこのあと、この体勢のまま、しばらくずっと昼寝をしていた・・・。


ここちよいカオス

この白い容器には水が入っていて、絶えずコポコポと湧き出る仕組みになっていた。

循環させて、いつでも綺麗な水を飲める様にしてある。

ペット用に、ちゃんとこういう機械があるんですね。へぇ~っと感心。


なので、ここはみんなネコが水を飲みにやってくる絶好のポイントなのだった。



ソファに座り、しばらく猫さん達を眺めて楽しんだあと、今度は利用客の人たちを

観察してみた。

なんといっても平日のまっ昼間である。

どうみても40代くらいのオジサンとか、(仕事はどーした?)

20代後半くらい?の太目の女の子3人組とか、(かなりオタク系?)

ソファでずっと一匹を抱いたまま眠っている女性とか、(ちょい怖・・・)


店内には色んな種類の猫じゃらしが、ものすごい数で用意されており、

かなりの手練れで扱う者、完全に猫に無視されている者、猫じゃらしの使い方を

メイド風の店員に教わるが習得できない者、やたらと他人に話しかけ語りたがるオヤジ

・・・などなど、

猫達に負けず劣らず個性豊かな人間達であった。



それにしても、「猫カフェ」の実態は、描いていたイメージとはかなり違った。

「カフェ」と言うのだから、「カフェ」風な店内を想像していた。

猫のいる喫茶店、なのだと思っていた。

だが実際は、

「猫達のための狭い託児所におじゃまして、邪魔にならないように茶も飲める空間」

なのであった。


それにしても、店員さんの、あのメイド風なユニフォームは一体何のためなのだろう・・・?


一般的に、犬好き人間よりも猫好き人間の方が、圧倒的にインドア派だと言える。

それを差し引いてみても、かなりオタッキーな匂いがプンプンした空間だった。

正直言って、ちょっと退きました・・・汗


とはいえ、結局一時間半も居てしまった私と妹も、やはりどこか病んでいるのだろうか・・・







スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。