スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い熱い鹿児島の旅

7月30日、待ちに待った夏休み。


スローガンは、リフレッシュ・イン鹿児島、3日間の旅である。




あぢ~い、けど、美~味い鹿児島には今回初上陸である。


まずは羽田で買った空弁、鯖鮨をほうばりつつ、約2時間のフライト。


こじんまりとした鹿児島空港からレンタカーで一路、市内へ。


昼時に着いたので、まずは腹ごしらえ。で、予定通り


鹿児島ラーメン屋へ直行。鹿児島生れのとんこつ味。


豚トロ肉と焼きネギに揚げニンニク!


来たーーー!


はふはふ、うまい、ふーふー、あづい、ずるずる、ずるずる・・・


最後は、麺をすする音と鼻をすする音が同時にこだました。


汗でびっしょりになってもラーメンはやめられない。


トロトロのトロ肉に、ほっぺたもトロケた。





お腹が満足したあとは、第二の目的、せごどんに会いに。


せごどんは、西郷どんのこと。


まずは、鹿児島県歴史資料センター黎明館へ。


明治維新後の西南戦争の資料を見たかったのだが、


なんと石器時代から展示は始まっており、


・・・・・・遠い・・・・・・


ビュンビュン飛ばして、早く進みたかったのだが、


古代の植物や生活を再現した模型や、遺跡や、


出水麓武家屋敷や山城の大型ジオラマが


私の心を つかんで放さないのだ!


何台ものパソコンを駆使した展示もあり、


なかなかの見ごたえであった。


とても大規模な、親しみやすい施設だ。


これになら多額の税金が投与されても、まぁ良しとしよう。


(まず間違いなく、そうとう¥かかってるだろーが)



平日の昼間だったこともあろうが、来館者はとても少なかった。


もったいないなぁ。


もっともっと活用しなくちゃなぁ。ぶつぶつ。




・・・また、江戸東京博物館に行きたくなっちゃった・・・






黎明館をあとにし、鶴丸城跡を経て、いよいよ


せごどんと ご対面。ちょい斜め下からだが・・・


でかい。


ナイス6頭身。


この日の最高気温36度・・・西に傾いても強烈な日差しを背に


せごどんは 立派な姿だった。



おいどん は、自分を指すよね。 じゃあ、あなたは って何ていうの?


きみどん? おまえどん?


・・・丼か・・・?


ふと、熱さで溶け始めた脳で そんなことを考えていた。


ほんと、 半端じゃない、 鹿児島の夏。 なんだ、 この暑さ。


強い。 鹿児島県人はすごい。


夜になっても、この暑さは続くのであった。


-つづく-















スポンサーサイト

-1 Comments

サクマ says..." 1. 無題 "

ちなみに翌日、西郷洞窟にあった解説文から、鹿児島弁で「あなた」は、「おはん」であることが判明。
おかげでスッキリ楽しい旅が続いたのでした。

~おはんらにやった命~

泣かせるねぇ。
2008.08.07 11:32 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kokoci.blog.fc2.com/tb.php/12-2af3808d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。