スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化したカレー

子供の頃、カレーライスは不味い食べ物だと思っていた。

それは、母が作るカレーを美味しくないと感じたからだった。

大きめに切ったジャガイモ・人参・玉ねぎを、ほんの少しだけ炒め、

水を加えて数分間煮込み、ハウスバーモントカレーの甘口で味を付けたそれは、

口の中に入れると、湾曲した形をそのまま留めた玉ねぎがシャキシャキと

歯ごたえがよく、中まで味が浸みる間もなく完成を迎えたジャガイモと人参が、

ジャガイモと人参以外の味を拒絶するようにジャガイモと人参の味を主張していた。

そこにはもちろん、アメ色になるまでじっくりと炒められた玉ねぎなどは存在しないし、

子供用にと、甘口ルーでこしらえたはずのカレーを、「うちのカレーが一番うまい」と

絶賛する父の意見を尊重した結果生まれた、魅力に欠ける食べ物だった。


今から考えると、ほとほと不思議に感じることがたくさんある。


全体的にいって、我が家の味付けは、かなり甘めだったといえる。

ご飯のおかずなのに、である。


卵焼きには砂糖。

すき焼きには、醤油より何より砂糖がどっさり入った。

肉じゃがなんか驚くほど甘く、芋好きな父に合わせて、サツマイモの煮付けも

よく食卓に上ったが、母からは、

「これは砂糖は全く使ってないのよ、すべてサツマイモの天然の甘さなの」

などと何の言い訳なのかよくわからない説明を聞かされた。

もういちいち書くのも面倒くさいが、ひじきや切り干し大根の煮物や混ぜご飯にまでも、

それはそれはお砂糖がふんだんに使われたのだった。


はっきり言って、私の口にはことごとく合わなかった。

何が出てきても甘いおかずに嫌な顔をする私を、母は「我儘だ」と言って怒った。

だから毎日怒られた。

ハンバーグのソースも、ケチャップとウスターソースを混ぜた甘いソースだった。

甘くないおかずは、豚の生姜焼きと、刺身と、イカの塩辛と、ふりかけと・・・

スーパーで買ってきたモモヤ系の瓶詰くらいなものだった。


今思い出してみると、私の子供時代は、今ほど外食をする機会が多くなく、

学校給食を除いては、ほとんどが家での食事だった。

そりゃ時々はパンも買うし菓子も食べたが、家の味で育ったわけだから、

家の味がいわゆるおふくろの味として、美味しい味として脳にインプットされるのが

自然なのではないだろうか。

なのに私は違った。

たまに夕方、近所の屋台でおでんを買ってもらって食べた時などは、美味しくて夢中で食べた。

いま私が非常な練り物好きなのは、こういう背景からなのでは?と思わなくもない。


そんなわけで社会人になるまでカレー嫌いだった。

学生時代に学食やスキー場でカレーを食べる友人を見るたびに、こんな不味い食べ物に

お金を払うなんて、なんて物好きな奴らだ、と思っていた。

ただの食わず嫌いのアホだったわけだが。

生まれて初めて美味しいカレーを食べた感動秘話は、またこの次として、

(ふつうの外食カレーはどこでも大変美味である)


つい先日、実家のカレーを食べる機会に襲われた。

何十年ぶりか。

電話口で震えがきた。

電話を切った後、旦那におそるおそる打ち明けた。

「明日のお昼カレーだって」


旦那さんはとても優しい目をして、「ちょっと楽しみ」と言った。

カレー好きな彼は、佐久間家のカレーをただ楽しみにしたわけではない。

散々、それはもう散々っぱら私から聞かされた、佐久間家恐怖のカレーをとうとう自分も

味わう時が来た、という覚悟と好奇心から興奮していた。

「いちおうルーは辛口ね、って言っといたから大丈夫だとは思うんだけど・・・」

父亡き今、まさかとは思ったが半信半疑のまま常磐道を飛ばした。


結論から言うと、フツーに美味しかった。

フツーのカレーを食べ慣れているカレー好きからみたら、ただのフツーの家カレーだろう。

が、私の感動がどれほど大きかったか、分かってもらえると思う。

ついに21世紀が来た・・・

実家にも21世紀は訪れていたのだ・・・


安堵とともに、不味いカレー秘話の証明ができなかったのが少しだけ悔やまれた気がした。

でも、証明できなくてよかったような気もする。









スポンサーサイト

-4 Comments

サクマ says..." 4. Re:五重丸! "

>たんばさん
あはは!余ったおかずは必ず翌日のお弁当になりましたよね。私も、週に2回も好きなおかずが入っていれば良いほうだったような記憶が・・・(笑)。今の子供たちが羨ましいですよ~。
でも、だからこそ、今になって美味しい食事が幸せに感じるのかな?
2011.02.01 01:53 | URL | #79D/WHSg [edit]
サクマ says..." 3. Re:無題 "

>蛟泰正(MizutiTaisei)さん
正直なところ、良かった半分、昔の味が証明できなかったのが残念なのも半分でした(笑)。
亡き父の好みを100%優先したカレーですから、ある意味で今のほうが、本当の母の味と言えるかもしれません。
2011.02.01 01:49 | URL | #79D/WHSg [edit]
たんば says..." 2. 五重丸! "

すてきなエッセイですね。最後のオチもいかしてます!
子供の頃の食べ物の思い出はよいものも悪いものも一生ひきずりますよね。
私の母は料理が上手ですが、焼魚やら野菜の煮付けは子供の私にはあまりうれしくもなく、かといって残すことなど許されず、従順に食べてました。いちばん辛かったのはそれらのおかずが翌日の弁当に再放送されることでした。ハンバーグやらフライの入った友達の弁当がうらやましく、母を恨んだものでした。
2011.01.26 13:40 | URL | #79D/WHSg [edit]
蛟泰正(MizutiTaisei) says..." 1. 無題 "

懐かしい味じゃなくて残念!
と、言うべきか、
美味しくて良かったね!
と言うべきか、悩みますが、
実は、味付け同じだったってことは?

美味しかったなら、OKってことで♪
2011.01.26 00:36 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kokoci.blog.fc2.com/tb.php/121-ae2fe084
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。