スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧島



さてさて、お次は桜島から霧島へ、約2時間の海沿い&山道ドライブ。


夕日が沈むには、ちょい早い。残念。


カーナビの言うとおりにしたら、国道じゃなく、クネクネと細い


県道に連れて行かれた。 しかも峠越えである。


よくもまぁ、こんな道を案内するよな、と思いつつ


だいぶ山の上まで登ってきた辺りで、霧のような


温泉の湯気のような、白い煙が立ち込めたかと思うと、


空も暗い雨雲で覆われてきた。


なんだか嫌な感じ・・・


と思ったのもつかの間、突然激しい雷と豪雨が。


最近流行りのゲリラ雨である。


(それとも南国だからスコールか?)


すぐ前方で、ものすごい一本稲妻が天から降った。


「おおおおおお!」


車内には、いちおう男と女が乗っていたが、


リアクションは同じだった。


怖い。


幼児体験で、実は雷は大の苦手である。


やっとこさホテルに着いたら、入り口付近の駐車場は満車。


下の駐車場まで降りていかなくてはならない。


嫌だよぉ~


荷物を降ろし終わっても、しばらくガンとして発車しないで


頑張っていたら、ホテルの人が下の駐車場まで車で


迎えに来てくれると言う。


しぶしぶそうしたが、だいぶ濡れてしまった。


いやはや、初めての霧島連山の激しい歓迎ぶりには


いささか参った。




霧島といえば温泉である。


まるで大型のスパのような大浴場で、貸切気分を味わい


楽しみといえば、お夕食。


予想通り、黒豚しゃぶしゃぶが出た。


これを見越して、前日夜は黒豚づくしを変更したのだ!


噂にたがわぬ柔らかさ叫び・・・ひと噛みで溶けるよう。


う~、もっと食べたい!


全体の皿数が多いだけに、しゃぶしゃぶの割合が少ない。


ここでハッとした。


さっきまで、我々の黒豚予想が的中したことに有頂天でいたが、


よくよく考えてみると、明日には東京に帰らなくてはいけないのに


まだ鹿児島で黒豚をほとんど食べていなかったのだ。


これは大変だ!


思わぬ大誤算。


これは・・・メラメラ・・・と密かにメラメラしていた。


明日行く予定のえびの高原と鹿児島市内との、ちょうど真ん中辺りに


鹿児島空港は在る。


本来ならば、えびの高原から空港へ直行で戻るのが、ロスが無いし


その予定でいた。


だが、予定は変更だ。


急遽、黒豚を食べるためだけに、市内へ戻ることにした。


ここへ来て、92㎞のロング・ドライブである。


いい歳こいた大人の考えることではない。


が、頭の中は、黒豚一色である。


もはや誰も我々を止めることは出来ない。


最後までワクワクさせてくれるぜ、鹿児島!アップ


-つづく-










スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kokoci.blog.fc2.com/tb.php/15-eb0aed21
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。