スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赫の会人物画展

芸術の秋、ぽかぽか陽気の昨日、成増アートギャラリーで

行われた「赫(かく)の会」人物画展に行ってきました。


この「赫の会」さんとは、今年の4月~5月にかけてご縁がありまして、

ブラジリアン・パーカッショニストの井手野敦くんと二人で

「演奏する人物」として絵のモデルを務めたのでした。


あいだに休憩をはさみながら、20分ステージを6回。


ステージといっても、ようは公開リハーサルのようなもので、

私たちの演奏中、とても熱心に筆を走らせていらっしゃる

会員の皆さんの集中力が伝わって、私たちもとてもリラックスして

楽しく練習させていただいたのでした。


2か月にわたって同じ服、同じ靴、なるべく同じ髪型という環境のなか

初めての絵のモデルという貴重な体験が、作品となって展示されているのを

見るのは感動でしたねー。



ここちよいカオス

これは実際の現場での最終日に、赫の会のメンバーの方が

書いたスケッチと一緒に写真を撮ってくださった1ショット。

このあとこれが油絵に変身しました~アップ


毎週通う絵の教室。

いつもとちょっと違う絵画教室の空間は、なんだかとてもわくわくする、

居心地の良いアーティスティックな空気感にあふれていました。


お世話になりました、飯盛先生、メンバーの皆さん、

楽しい機会をありがとうございました!




スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kokoci.blog.fc2.com/tb.php/170-7c377b57
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。