スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさら旅行記 歴史薫る街をゆく

さて2日目。朝起きたときから既にお腹はいっぱいである。幸せ。


長崎に来たら、これはもう関所というか、避けて通ってはならんだろうという、使命感が湧き上がるところがある。

私だけかもしれないけど。


平和公園と、原爆資料館だ。


別に、ここで戦争について物申すつもりはない。でも、行ったこと無いし。日本人として、無視はできないよなー、と思う。大人になったもんだ。


ここちよいカオス

私達が訪れた日は、ちょうど長崎原爆の日の式典に向けて、準備に忙しい頃でした。

心なしか、平和祈念像の青年も足元が落ち着かなくて、どこか不安げに見えた。

私だけか?


原爆資料館での感想は、とてもここに書けるほど小さなものではないので、書きませんが、

今までは、頭で知識として歴史のなかの「戦争」と「原爆」について理解たつもりになっていたけれど、知識だの感情だの理解だのと抜かしている頭ごと、吹っ飛ばされた気分だった。


こういう資料館は、ここと広島以上に増やしちゃいけません。



午前の部から飛ばし過ぎてしまった。。

早速グルメにチャンネルを変える。



ここちよいカオス

これねぇ、ほんっっとに美味しかったのですよ。皿うどん細麺。


相方は、ちゃんぽんを食べていた。ちゃんぽんも旨かったけど、あたしゃコイツが気に入った。

何が旨いって、麺が旨い。


パリパリサクサクの細麺には、意外と味がしっかりついていて、成長して大人になったベビースターラーメンのよう。(こう言っては長崎の人に怒られそうだが)


もともとジャンク・フードやスナック菓子に目が無い私のハートをいちばん鷲づかみにした長崎のソウル・フードはこれだ。

皿うどんがジャンクだと言う気はさらさら無い。

立派な食事である。豚肉に野菜や魚介類がふんだんに乗っているのだから、栄養のバランスも完璧。


だけども、食事をしている感が薄い。ちょっと腹に溜まる上等なお菓子を、ふと立ち寄った友人宅でもらって食べたような、そんな気軽さがある。

特に私は、このピンク色をした「はんぺん」(かまぼこのようなもの)がお気に入り。

すり身に目が無いのはもちろんなのだが、この色がまた、ほどよいチープさを盛り立てているのですよ。



食後のデザートは、長崎の町のあちこちで見かける長崎名物「チリンチリンアイス」で決まり。


ここちよいカオス

たいていどのチリンチリンアイス屋台でも、おばちゃんが売っている。

そしてどのチリンチリンアイスも必ず100円。


チリンチリン~♪と鐘を鳴らして売りに来ることから、その名がついたそうだが、アイスというよりは、シャーベットに近い。ヘラにアイスをくっつけて、コーンをくるくる回しながらアイスを乗せていく。綺麗なバラの花の形になったら完成。

すごい。こんな芸術作品が100円。おばちゃんの創作歴ウン十年の集大成が、たったの100円である。


そういえば、長崎市内を走る路面電車も、一回100円で乗れる。

4路線あるので、市内の観光名所、歴史旧跡、繁華街がすべてカバーできる。しかも乗換えも自由。運転手さんに「乗換券」をもらえば、目的地まで100円で行けるのだ。


なんて気前の良い町だろう。素晴らしい。

いちいち繁華街で駐車場を探す手間が省けるわけだ。ナイス。


なのに車で出かけた。


長崎といえば、出島である。

日本の近代化は出島から始まったといってもいい。

ここは外せないポイントだ。



まずは、鎖国時代の出島のミニチュア模型。

ジオラマ鑑賞には血が沸き立つ私だが、わりと大雑把な大きさ&仕上がりに、平常心でスルー。


ここちよいカオス


ミニチュアの町が、そのままちゃんと体験できるようになってます。

ここちよいカオス

関が原の戦いの少し前に日本に漂着し、家康に寵愛されたイギリス人、ウィリアム・アダムスについて書かれた本


「さむらいウィリアムス」(出版社・著者名・翻訳者名・・・忘れた)


を読んで以来、実は、出島や平戸へ行きたくて仕方なくなってしまっていた。

この本、図書館で見つけたのだが、あまりに面白くて一気に読んでしまう。


イギリス人航海士とオランダ商人たちの目に映った、江戸時代初期の頃の日本国内の様子、アジア・ヨーロッパ諸国の様子が、彼らの残した手紙をもとに、生き生きと描かれているのに引き込まれる。


既に2回も借りて読んだのだが、残念なことに読むそばから忘れてしまうため、何度も借りて読みたくなる。何度読んでも新鮮な驚きを楽しめるのが、老化現象のいいところだ。


事前に何の情報も持たずに出向いた出島だったが、想像以上に展示資料の数が多く、ひとつひとつ丁寧に回っていたらとんでもなく時間がかかってしまった。


地元の年配の方々がボランティアでガイドをしていた。素朴な疑問にも丁寧に答えてくれる。みなさん楽しそうだった。


予想外の出島の充実ぶりに、私達の足は棒になった。

実は、チャッチャッと回って、歴史文化博物館をメインに行く予定だったのに、出島から出国したらもう夕方になっていた。


なんと時間の足りないことか。


歴史薫る街を歩くのは大変だ。












スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kokoci.blog.fc2.com/tb.php/42-2dfec02a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。