スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の夜長の現代音楽


ここちよいカオス

すみだトリフォニー小ホール。


錦糸町駅から徒歩5分の、美しいホール。



暴風雨のなか、日本音楽舞踏会議主催の、「様々な音の風景Ⅵ」、


現代音楽作曲家による、作品発表会なるコンサートに行ってきました。


毎年この時期に行われるこのコンサートでは、私の師匠である、北條直彦先生の作品が


演奏されるので、ここ数年は毎年楽しみにしているのです。



今年は、ピアノがメインの作品が多かったですが、その時によって、


ピアノ、ヴァイオリンのような西欧楽器と、尺八や琴といった和楽器のコラボがあったり、


なかなか他では聴けないようなレアな編成があったりして、


けっこう面白いのです。



現代音楽といっても色々ですが、(別に詳しくはないんですけど)


私がふだん好きで聴いているのは、メシアンとか、シェーンベルクとか、ウェーベルンとか、


ヨーロッパの作曲家が多いんですが、


こうやって年に一回、わが国の作曲家の音の世界を味わうっていうのは、


とても興味深い体験なのです。



また、何をやってんのか一瞬わからないような、脳の理解力に挑むような曲であっても、


うまいピアニストとそうでもないピアニスト、

すごいヴァイオリニストとそうでもないヴァイオリニスト・・・


とかって、わかっちゃうのね。怖い怖い。


曲が難しいだけに、よけい演奏者の腕が冴えてるかどうかが、楽曲を生かすか殺すかを左右するような気がしました。こわいな~



しかし・・・どんなに興味深いコンサートでも、


2時間半は・・・長すぎですよ・・・。


途中何度も、コックリしちゃいました。。。







スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kokoci.blog.fc2.com/tb.php/52-193c19dd
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。