スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さるだ

私は申(さる)年生れのサル女であります。

朝食にはバナナを毎日欠かしません。

果物と、ナッツ類や栗といった木の実にも目がないのです。


おまけに落ち着きが無く、

卒業式や告別式などの厳粛で涙をともなうような

いかにも静かにしていなければいけないシチュエーションが最も苦手で、

じっとしてなきゃいけないと思ったとたん、足はジンジンしてくるわ、

キョロキョロしていて面白い風貌をした人等を見つけては笑いころげ、

たいがい怒られる。



子供の頃は、近所の公園内の木という木に登っては、下りられなくなり、

(高所恐怖症)

ツツジの花をむしっては、甘い蜜を吸い、

(虫達にしてみりゃ大迷惑)

椿のつぼみを全部ちぎっては、花びらを地面に撒き散らしていた。

(残酷極まりない・・・本当に申し訳ない)


今からしてみても、そうとうストレスの溜まった子供時代だったようだ。


最も熱く燃えたのは、「缶蹴り」。

今の子達は知らんだろーーー。


缶蹴りが始まると、日が暮れるのも忘れて走り回ったものだった。


うちは社宅だったから子供もたくさんいたし、

目の前が大きな原っぱで、

その向こうには県営住宅がたくさん並んでいたから、

名前も知らない子達が、いつの間にか仲間のメンバーになっていたりする。


やがて日が暮れるのを合図に、ひとり減りふたり減り、

バイバイも言わずになんとなくみんな去って行く。それでよかった。


今みたいにケータイで繋がったりしないから、

たまたま鉢合わせしたメンツで遊べたんだね。


もっとも、私が時間を気にせずに遊べたのは

土曜日の午後3時以降だけだったから、

他の子達はみな顔見知りの仲良しで、

私のほうが時々仲間に入れてもらってたのかもしれないけど。


毎日ピアノの練習を(少し)したおかげで今の仕事に有り付けたとはいえ、

もっと子供時代に遊んでおきたかったなぁ、と思う。


サルのくせに、登り棒は結局いちばん上まで登れなかったし、

雲梯(うんてい)も苦手のまま大人になってしまった。


今となっては、寒い冬にファンヒーターの前で、

同じサル山の旦那と背中をさすって暖め合うくらいのダメ猿ぶりです。


なぜかうちのサルはふたりとも、温泉地に行っても温泉に入らないほど、

大の風呂嫌いなのでありますが。ウッキー!




スポンサーサイト

-2 Comments

サクマ says..." 2. 無題 "

>たんばさん
いつもありがとうございます!
そうですかぁ、寅ですか。寅年生まれの特徴って、どんな感じでしょうね。やっぱり物おじせずドーーンとしてるのかな?
臆病者の申としては羨ましい限りです。
2010.05.02 09:21 | URL | #79D/WHSg [edit]
たんば says..." 1. とらだ "

佐久間さん、ブログいつも楽しくみてます。
いつもゲラゲラ笑わせてもらってます。
吉田明廣さんの友人(というか後輩)の丹波です。
私は寅。申の六年ちがいです。
またライブ見に行きますね。
2010.04.26 18:40 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kokoci.blog.fc2.com/tb.php/88-44cbbe8f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。