スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブ猫と寿司屋ギグ


ここちよいカオス-100421_2155~01.JPG


この美女は、川崎のジャズ・クラブ「ぴあにしも」のスター。

ミケさんでございます。

http://music.geocities.jp/jazz_pianissimo/


先日も、好物のかつおぶしを前に、マスターから無情の「待て」コール。

頑張って我慢するものの、マスターがお客さんたちと

談笑しているスキを伺っては、

そ~っと左手(足?)を伸ばすも、すぐに見つかってしまい、「待て!」。


またまた頑張るミケさん。食べたい気持ちをグッとこらえるのは辛い・・・。


気が付くと、またそ~っと前足が伸びる。

「待~て~」


うううぅ~。。。

つ、、辛い。(笑)


しばらくして、ようやく「よし!」の声。

待ってました!

はぐはぐ、もぐもぐ。


ピリリとしていた尻尾も、途端にゆったりしてるし。現金だわー、ミケさん。

それでも。

か、、、かわゆいっっ!!


あーもう、たまらない。

好物を目の前にしたときの、あの余裕の無さったら、

まったく微笑まし過ぎてお客さんも一同、大爆笑なのです。


毎回、ぴあにしものライブでの素晴らしいパートナー、

アルトサックス堤智恵子ちゃんとの楽しく幸せな時間とともに、

このミケに会えるのが至上の喜びなのであります。



ここちよいカオス-100423_2140~01.JPG

成増にあるお寿司屋さんでのライブ。

テナーサックスの橋爪亮督さん、ベース嶌田健二さんとのトリオでした。


このお2人は、バークリー音楽大学時代の同期生で、

別のバンドでも一緒に活動しているので息もピッタリ。

その上に私が乗っけてもらった感じで、楽しく演奏できました。


ふふふふ。

橋爪さんとの仕事は、いつもとても楽しいのです。

この人と一緒にステージにいると、一曲終わるごとに、

お客さんとの距離が縮まっていくのがわかるんです。

これってね、すごいことなんですよ。


みんなの知らない曲を演奏したときでも、

ちょっと難解な曲を吹いた後でも、

きちんと客席の隅々にまで演奏者の想いが届いてる。

そう感じられる拍手が来るんです。


お客さんに恵まれているのかもしれない。

彼がコントロールしているのかもしれない。


両方なのかもね。


もちろんプレイが良くなきゃ、良い反応は決して返ってこないんだから、

それは良い演奏をしたっていう証明なんだけど。

橋爪さんの音には、いつも「なにかを届けよう」という意志が聞こえるのです。


これ、いちばん大事よね。

上手に演るより、なによりも。


良いミュージシャンとの共演は、私の宝物です。



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kokoci.blog.fc2.com/tb.php/89-1399a0eb
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。