スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きつね企画 vol.5



なんと早いもので、きつね企画のステージに参加させてもらってから、もう5回目を迎えます。
いつの間にか時は経つのです。
第1回目から、朗読する語り手さん以外は変わらずのレギュラーメンバー。
だんだん慣れてきて息もぴったり合って来たかな。
今度のお話は、「きつねの窓」だそうです。
どんなお話なのか、どんな音楽をつけるのか、どんなステージになるのか、今からわくわくします。
後半は、BABIさんの歌をお送りしますよ。
ぜひいらしてください!



きつね企画 vol.5 「きつねの窓」


2017/7/21(木)~23(土)


場所・六本木・ケイノブ
tel・03-3404-4001
http://www.geocities.jp/knob_2012/


7/21(木)22(金)
19:00オープン
20:00スタート

23(土)
昼公演
14:00オープン
15:00スタート

夜公演
19:00オープン
20:00スタート



チケット
3,500円(前売)
4,000円(当日)

きつねプレート 800円


朗読・山田かな(ゲスト)


♪ミュージシャン
佐久間優子(pf)
佐藤有介(bs)
金井塚秀洋(ds)


きつね企画
竹内靜香・天白由起(BABI)


みなさまのお越しをお待ちしております♪




またCDできました





ヴィブラフォン奏者の渡邊匡彦さんのリーダーアルバムに5曲ほど参加しました。

普段は「Funky Jazz Quartet」(FJQ)というバンドでライブを行っているメンバーで4曲、
それと、時々西荻窪のアケタの店でライブを行っているメンバーで1曲の合計5曲です。

他にもそうそうたるミュージシャンが名を連ねています。なかなか豪華ですね。

もう発売になりましたが、基本的にライブでの手売りのみになるのかな?
私の手持ちはありませんが、事前にお知らせいただければ入手可能ですので、ご興味のある方はご一報くださいませ!



East Of The Sun / MASAHIKO WATANABE

1. East Of The Sun
2. Morning
3. Luz Do Sol
4. Se Todos Fossem Iguais A Voce
5. Watch What Happens
6. Lindeza
7. Maria Cervantes
8. Winter Triangle
9. Lotus Blossom
10. The Good Life


参加ミュージシャン

天野丘(g)、池田聡(b)、稲葉國光(b)、大表秀具(b)、金井塚秀洋(ds)、公手徹太郎(ds)、小宅珠実(fl)、佐久間優子(pf)、田辺充邦(g)、寺前浩之(bandolim)、林正男(b)、平山織絵(cello)、マイク・レズニコフ(ds)、八木隆幸(pf)


録音 2015年11月25日、27日、12月26日、2016年1月14日


東京・西荻窪 「アケタの店」スタジオ録音
レコーディング・エンジニア 島田正明



よろしくお願いします!

続・ご迷惑をおかけします

ウィルス性の何かに冒され中の佐久間です。

発症して5日経った今日も、まだ微熱・頭痛が続いていて、咳も一日中止まらない状態です。

今日の昼に、ようやく豆腐を少し食べることができましたが、5日ぶりの固形物はとても胃に重く感じ、小さい豆腐をさらに細かく切って、半量ずつ2回に分けてやっと完食できました。

こんな状態で体力もなく、頭痛と咳が止まらないのでは、とてもお洒落なバーでの演奏は務まらないと判断し、28日のリットバーをお休みさせていただくことにしました。

本当にご迷惑をおかけ続けております。

なんとか酔いどれ伯爵のライブから復帰できるよう様子見の段階ですが、養生して治したいと思います。

もう、寝過ぎで腰が痛い・・・

復帰しました


いよいよ9月になりました。そして長い夏休みが終わりました。

今年の夏の暑さは、本当にしんどかったですね。皆様いかがお過ごしでしたか?

私は、6月末から10週間にわたって夏休みを取りました。

途中でいくつか、すでに決まっていたお仕事をしながら。
本当は、まったく弾くのをやめたほうが良いのは解っていたのですが、2ヶ月練習しない恐怖は、2ヶ月断食するに等しく、
もう二度と元に戻らないかもしれない絶望感と、リハビリをすればきっと、という希望との狭間でゆらゆら揺れた結果、
「練習しなきゃ」という強迫観念に負けて、ゆるいスケール練習などをしていました。

が、

結論を言えば、かなり治りました。
7月は週3ペースだった整骨院へ8月からは毎日リハビリに通い、電気治療・超音波治療・鍼灸を受けて、
首、肩、腕、背中、腰、足、つま先まで指圧してほぐす。
これを毎日。続けたら。
二週間ほど経った頃から徐々に痛みが薄くなってきて、お盆に帰省して帰ってきたら完全に痛みが消え去っていました。

あらら~~御先祖様が持ち帰ってくれたのかしら???

初めて私の体を触ったとき、整骨院の先生が驚いていました。あまりに筋肉が硬くて、筋肉が指圧を拒絶しているようだと。

何だろうね?

過去にも、肩こりに耐えられず駅前などにある街のマッサージ屋さんに駆け込んだことがありましたが、
ちょっと触れただけでも痛くて痛くて、とても「痛気持ちいい」なんて境地が理解できなかった。。。

そ・れ・が。

今はね~わかるんですよ~、ふふふ!
わかるようになったのです。
痛いけど気持ちいい。圧の弱い先生だと、物足りないのだ。
これはね、柔らかくなってきた証拠なんですって。嬉しいじゃないの~~

ようやく、ここまで来ました。
これからは、2ヶ月以上も遊んでいた手指と腕と頭を仕事モードに戻していく作業に追われますが、それも嬉しい時間なのです。

今後もリハビリを続けながらの復帰ですが、今回の怪我によって知り得た体の限界と、回復までのプロセスを学んだことは、私にとって大きな収穫でした。

この経験を前向きにとらえ、引き続き楽しい演奏ができるよう精進していきます。
ぜひまたライブにお越しくださいね!

末永くよろしくお願いいたします!

2015年9月1日
佐久間優子

亀になって一歩ずつ

「ヒトリ☆ビヨリ vol.7」 無事終了しました!
ふうぅーーーーーー・・・・・・・・・・

思い起こせば4年前、東日本大震災の2011年3月。
自分自身のチャレンジのため、ピアノ・ソロでライブをやろうと一念発起。
モチベーションを上げようとライブ名を「ヒトリ☆ビヨリ」と決め、意気揚々と開催するはずが、世の中は節電・自粛ムードに加え連日の余震で交通機関も不安定な状態。私自身も3月中のライブ・仕事はすべてキャンセルになったし、世間もとても音楽を楽しむどころじゃなかった。なのに、どうしてもやりたくて、大人しく家になんか居られない心持ちで強行してしまった。今思い出しても、自分のわがままにお客様を付き合わせてしまった第一回目のライブは、思いのほか来てくださった方々に喜んでいただけて、一生忘れられない思い出深いものとなりました。
そんなスタートを切ったソロライブも、今回で7回目を迎えました。

しかし、ほんっっとに大変なんだぁ。。。ソロって。。。
みんなよくやるなぁ。よくできるなぁ。


「ピアノはいいよねぇ、一人でメロディも伴奏も両方弾けちゃうから」
・・・・全然、全っ然!

「ピアノでソロライブは別にいいじゃない、管楽器のソロは大変だよ」
・・・・ピアノだって大変、大変!!

「ピアノは弾く音が全部見えるんだから楽でしょ?」
・・・・なにその発想?!・・・楽じゃないっつーの!!!


見事に勝手なことばかり言ってくれますがね、そんなに楽で良く見えるのなら、ナゼみなさんもピアニストにならなかったんでしょうかね?
なんて嫌味の一つもこぼしたくなるほど、ピアノってぇ楽器は手強いんです。ほんと。
そりゃ才能が無いからなんじゃないのって?
まー、そりゃそうなんですがね。それ言っちゃあ、おしまいなのでね。
そう簡単に言い切れて、簡単に諦められれば、それが一番楽でいいんでしょうけどね。

ハッキリ言っちゃうと、技術が追いつかなさすぎる。要はヘタクソだってこと。
しかも、ただの下手じゃない。自分のやりたいことやイメージに反応できない稚拙さなのだ。情けない。
なので、今年の抱負。前回いいかげんに書いたので、仕切り直し。
別に誰にも聞かれてないけど、ここで発表します。

「2015年の抱負/基礎・基本に立ち返る」

はい、これです。
いちばん大変な抱負を発表しちゃいました。ここに書くことで、もう撤回できないように。
もう長時間の練習は気力・体力ともにしんどいんだけど、基礎的なこと・基本を練習しようとすると時間が必要になります。
時間をかけて体に刻み込むしかないのです。
毎年毎年、歩みは遅くなっていく一方だけど、確実に一年前とは違う景色を見ている実感があるから、がんばれる。
相変わらず迷ってばかりだけれど、無心になることで乗り越えられる。
録音を聴くたびに立ち上がれなくなるほど落ち込むのも、少しだけ慣れてきた。
なので、今年もゆっくり歩んでいきます。

僅かずつですが、変わっていく過程を聴いていただけたら至福の喜びです。




このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。